観葉植物

修学旅行生を受け入れる民泊の島「伊江島」

オレンジのソファ

最近、修学旅行の行程に民泊を取り入れる学校・旅行会社が増えてきました。その証拠に、たくさんのメディアが修学旅行に民泊を取り入れるメリットを報道しています。修学旅行生を受け入れることに積極的な沖縄県・伊江島では、今年も島の一般家庭が多くの高校生を受け入れたようです。伊江島は、マリンスポーツなどももちろんできますが、サイクリングが根強い人気を誇る島です。
島の真ん中には伊江島タッチューと呼ばれる高い山がそびえたち、沖縄本島からもその姿を見ることができます。そんな伊江島タッチューをホストと生徒たちで一緒に登りきる頃には、出会ったばかりの緊張感も薄らぎ、すっかり打ち解けていることが多いようですね。地元の人と同じ屋根の下で過ごすことには、他文化を学ぶ良い機会にもなります。民泊で修学旅行生を受け入れる際は、やはり沖縄独特の料理を振る舞うことが多く、内地ではあまり見ることのないゴーヤー料理や中身汁、人参シリシリなどが食卓に並ぶのです。
生徒たちと一緒にサーターアンダギーを作ることも多く生徒たちにとっては今までにない経験となります。また、民泊の恩恵を受けるのは学校側だけではありません。受け入れる側であるホストもまた、県外へ旅立っていた実の子供たちを思い出すかのように、生徒たちを一生懸命もてなしてくれます。若者人口の少ない島に新鮮な風が吹き込む、良い機会となっています。別れの日には、思わず泣きながら抱き合う姿が至る所で見られるのです。

PICK UP CONTENTS

赤いソファ

民泊ビジネスで成功するためにそれを体験する

民泊運営を始めるにあたりできることはどのようなことでしょうか。基本的にはホ…

»readmore
赤いキッチン

民泊におけるパブリックスペースの使い方

一般的に利用する旅館やホテルでの宿泊とは異なり、多くの民泊において食事など…

»readmore
赤いソファ

民泊ビジネスの勢いが増している理由

民泊運営に参入する人たちは先見の目があるといえるかもしれません。ホテル不足…

»readmore